打ち合わせ

格安で契約できるのがシェアオフィスのメリット

女性

すでに業績が安定している企業ならいざ知らず、まだ事業のスタートから日の浅い業績の定まっていない企業にとってオフィスを構えているというのはいくら業務上、必要なことであったとしても非常にコストのかかることであり、その企業の業績如何ではオフィスの賃料として支払う金額がかなりの負担となってしまい経営を圧迫してしまうケースも珍しくはありません。
特に東京のような場所柄にオフィスを構えるとなると、たとえそのオフィスのスペースがあまり広くはないとことであっても賃料としてかなりの金額を毎月支払わなくてはならず、まだ業績の安定していない企業にとっては懐を痛めてしまう結果になってしまいます。もしも、オフィスを構える際の保証金や月々の賃料の支払いが厳しいという場合には、業績が安定してより事業の規模が大きくなるまでの間のつなぎとしてシェアオフィスの利用を検討してみてもいいかもしれません。
特に東京には格安で利用できるシェアオフィスも多く、起業してから間もない経営者の方の利用は近年増加傾向にあります。東京のシェアオフィスでは一般的な貸事務所とは違い、格安でオフィスを構えることができるので業績が安定するまでの事業の活動拠点としての利用に最適となっています。

設備投資を最低限に抑えるならシェアオフィスが最適

事業を始めるにあたり、コストを抑えることを考えるのは当然です。よほど資金に余裕があるのでもない限り、限られた資金で生産または製造からマーケティングまでこなさなければならず、その間、自分自身の生活費も賄う必要があるのですから、無駄な出費は極力減らす必要があります。家賃コストをおさえるために、とりあえず自宅で起業したとして、仕事が軌道にのって人を雇う必要が出てきたときにどうするか。そこでの選択が、その後のビジネスのコスト構造を大きく左右します。
その段階でおすすめしたいのは、シェアオフィスを活用することです。東京にはシェアオフィスが沢山ありますので、採用人数が数人程度であれば、わざわざ東京価格のオフィスレンタル料を払って自社専用オフィスを借りるには及ばないでしょう。人を雇えば、それだけ事業を拡張できることも確かですが、その反面、人件費というまったなしのコストが発生します。ここでオフィス料という高額の出費が重なると、コスト面ではまさにダブルパンチ。まだ新しい会社にとっては、かなりの負担になるはずです。
スタートアップは、最初の数年間は特に、コストと収益のバランスがとても大切です。東京のシェアオフィス活用で設備投資は最低限に抑えておくのが賢明なやり方でしょう。

シェアオフィス活用で効率的なファシリティマネジメントを

業績を堅調に伸ばしている会社は、人材の採用も積極的に行うため、すぐにオフィスが手狭になってしまいます。最初はオフィスビルの一角で起業して、その後、全フロアを占めるようになり、それでも間に合わずに他のビルにも部屋を借りて…そんな風に事業所の拡張を進める会社は珍しくありません。
しかし、東京ではリーズナブルに借りられるオフィス物件は限られているため、このやり方を続けるには無理があります。そこで、東京の便利なエリアに多数存在するシェアオフィスの活用を検討してみてはいかがでしょうか。
経費のことを考慮すると、恐らく、100人~200人規模の座席を収納できるオフィスを1件借りるよりも、東京に散在するシェアオフィスを数件~十数件借りて、サテライトオフィス化する方が安くて済むでしょう。
スタッフの居住地近くにあるシェアオフィスを上手く見つけることが出来れば、そのスタッフの通勤費も支払う必要がなくなります。
また、スタッフにとっても、朝な夕なに悪名高い東京の通勤電車でもみくちゃにされて疲弊することもなくなるので、健康面と精神衛生面で大きなメリットになります。
シェアオフィスを活用することで、会社のファシリティマネジメントを一層効率化できる可能性は大です。


ナレッジソサエティのシェアオフィスは東京でおすすめです。格安で事務所を借りることができることもまた様々な業者の方との交流などもできることも大きなメリットです。

コスパがいい出張所としてシェアオフィスが最適

仕事の性質上、多くの拠点を必要とするビジネスの場合、どこにメインの事業所を置き、どこに出張所レベルの小さなオフィスを置くかという配分が非常に大切です。情報収集、発信をメインで行うところには会社の多くの機能を集約しておき、出張所には必要最低限の人員と機能を持たせ、全体をバランスよく運営する。それが、多拠点を上手くマネージするためのコツです。出張所レベルのオフィスとしてシェアオフィスを使…

More Details

CHOICES

»More Contents
TOP