打ち合わせ

シェアオフィス利用に先立ち必要な準備

オフィスとしては格安の利用料金で人気のシェアオフィスですが、入居審査をクリアするためにも様々な準備が必要です。
まず、そこに入居する目的はハッキリしているでしょうか。シェアオフィス入居審査では、利用希望者の事業内容について書面で確認することが多いです。そのため、審査を受けるに先立ち、事業計画書や会社案内など、自分のビジネスについて第三者がクリアに理解できる分かりやすい資料を用意しておきましょう。
他には、面談の準備も万全に整えておくのがおすすめです。面談は、別に試験ではありませんので、難しいことを要求されるわけではありません。職業人として、社会人として、世間一般に通用する常識の持ち主であれば、基本的に面談で引っかかる恐れはないでしょう。この点は、自分がシェアオフィスの運用側の人間だったらと考えてみるとイメージしやすいかもしれません。
自分がその立場にいるとして、どんな人間だったら入居の許可を出すことをためらうでしょうか。周りに必要な配慮ができないとか、コミュニケーション能力が極端に低い人などは、避けたいと思うのではないでしょうか。
入居を許可されれば、安く利用できる快適なオフィス環境が手に入ります。おさおさ準備は怠らないようにしましょう。

コスパがいい出張所としてシェアオフィスが最適

仕事の性質上、多くの拠点を必要とするビジネスの場合、どこにメインの事業所を置き、どこに出張所レベルの小さなオフィスを置くかという配分が非常に大切です。情報収集、発信をメインで行うところには会社の多くの機能を集約しておき、出張所には必要最低限の人員と機能を持たせ、全体をバランスよく運営する。それが、多拠点を上手くマネージするためのコツです。出張所レベルのオフィスとしてシェアオフィスを使…

More Details

CHOICES

»More Contents
TOP